10月7~8日、連休って何のこと?という感じで、連休で浮かれる人々と一緒にサンダバードに乗り込んで、やってきました大阪!
MashupAwards2017の大阪ハッカソンに参加するために!

大阪初参加!

まず、福井以外のハッカソンに今年は挑戦しているので、大阪は初参加!そんな感じしないけど、本当に初参加!
福井は福井で職人気質な人々が多いのですが、大阪はどんな感じなんだろう?福井は狂気って言われてるけど、大阪だと言葉で表すと何になるんだろう?と興味津々。
大阪のハッカソンは、前から「エンジニアとプランナーがほとんどでデザイナーが少ない」と聞いていた事もあってチームに入れてもらえそうだし、去年バッカソンに参加したかったのですが都合つかずで悔しかったので、今年はテーマが「遊びのReハック!」&思ってたより知ってる方が何人も参加と知って参加ボタンを押しました。

MAらしさ+大阪らしさ=ワクワク倍増

会場にたどりつくと、昔CSS Niteで来たセミナールームがすごいオシャレ空間になっていてビックリ。
今回の田中さんのファシリテートは、大阪らしさにコダワッた感じで新鮮!MAだけど、大阪らしさが盛り込まれてる。初参加の人や学生さんが多くても、馴染んでしまう空気は一体どこから作られているのか・・・。

昔を思い出せ!アイデアソン

遊びということで、昔の遊びを振り返って付箋に書いていく・・・。うーん。何して遊んでいたかなー。

  • 桃鉄
  • 人生ゲーム
  • オセロ
  • だるまさんがころんだ

などなど。あげればキリがないのだけど、なぜかあんまり女子らしい遊びが浮かんでこなかった。

前々から思っていたのは、ドラゴンボールのフュージョンごっこが出来たらいいなーというのと、どうせなら体を動かす遊びをしたい。
本当に最近、子供達が家の中にいて動かない。北陸の天気のせいというのもあるけれど、iPadで音ゲーばかりやっている。(自分のも進めて貰ったりしてるけど)なので、家の中でテレビゲームやアプリなんかいくらでも出来るんだ!大人も子供も体を動かして遊ぼうぜ!という私の日々の想い。
その流れで思いついたとうか、無理やり組み合わせたのが…

だるまさんがころんだフュージョン

だるまさんがころんだの鬼のポーズと、同じポーズがどれだけ正確にできるか!そして、対戦や2人フィージョンモード、オンラインで遊べるといいな!という、ただの願望のアイデア。

MUSIC KENKENPA

単純に、みんなが知ってるケンケンパの動きで音ゲーが出来たらなぁというアイデア。音楽によって、テンポもかわって、それでうまくケンケンパをやって対戦するゲーム。動きが「ケンケンパ」だけなので、老若男女できるぞー!といった感じ。

という内容をまとめて、アイデアを話したり、他のテーブルの人のアイデアを見たり・・・。他の人のアイデアを見て、「やっぱりケンケンパしたいなぁ・・・」と感じたけど、なかなかチームも決まらないし、どうしたものか。ノリノリで遊びながら完成していくハッカソンにしたいけど、毎回チームビルディングでつまづく。そう、ハッカソンの中で一番チームビルディングが苦手なのです。

チームでアイデアを料理

どうしてもこの「ケンケンパ」はやりたい・・・・。ハッカソンで作るなら、ケンケンパだ! アイデアが枯渇していた人々の隙間に入り込んだ私。やっと決まったチーム。MAでは知っていても、ハッカソンは組んだことがないメンバーだったので楽しみが増えた。

「ちょっとケンケンパやってみよう!」
ということで、メンバーで音楽に合わせて動いてみる。ケンケンパは楽しいのか!? しかも何かが足りないから、なにかスパイスが欲しいところ。4人で何回も飛んでみるが、これではダンレボになってしまうなぁーというのが結果わかったので、ケンケンパの動きだけで出来るものを考える。

ケンケンパの動きで「テトリス」

これを聞いて、単純だけど組み合わせ的にわかりやすいし、この動きで出来るとは目からウロコだった。アイデアの段階ですでに想像できたので、これは楽しいだろう!と確信した。さすが、関西人!!!

老若男女問わず!

そこだけは、アイデア段階での軸だった。だからケンケンパの動きだったが、実際はものすごいハードになっているなぁ〜と、目の前で一生懸命MESHを付けて飛んでいる若者をみながら思った。MESHでケンケンパがとれるのかを、自分がやって試して調整を繰り返してハッカソン1日目で、すでに汗だくになっている。まるで格闘ゲームをやってるかのようだった。MESHでとるのか、他のセンサーでとるのか、1日目はそこを判断するために時間を費やしていた。そして隣の席から、なにやら「35億」という言葉とあのネタの音楽が聞こえる。

私は、というと。Web上にあった無料配布のテトリスの画面が、非常にイケてないのが嫌だった。遊びだし、おもちゃみたいなものだし、どうせならデザインも楽しそうにしておいたほうが間違いないと思い画面のデザインを考えてブロックをコツコツ描いていておりました。

外も暗くなってきた時間くらいに、HONDAハッカソンで同じチームになった西村さんが応援に顔をだしてくれて、みんなのためにGATSBYを持ってきてくれました。しかし田中さんが配って歩くも、みんなに断られていた姿が印象的だったなぁ。

2日目朝からの追い上げ

2日目、MESHでの汗を無駄にしないで良い方向性に。
その時点では、まだテトリスの画面もデザインが入っておらず、音声も決まっていない、MESHでひたすらケンケンパをやってみるという状態だった。そこから午前中でいっきに進み、画面デザインとロゴも入ると、なんとなく出来上がってきた感じでテンションがあがった。音声も録音した声を流すのではなく音声合成のAPIを使って「ケン!」「パ!」と言うようになった。この声はすごい可愛い印象的な効果音になったと思う!

だいたい出来た段階で、自分たちでやってみた。

MESHの精度の問題とか遅延が少しあるものの、ちゃんとゲームとして成り立つ。プレゼン準備のために私がやってみることになり、何回もケンケンパをしたら汗だくになったので「老人は出来ないなー」と確信した。でもやってみたら本当に楽しかったので、きっとみんなやると楽しいはず!というのも確信した。

一段消すと35億点!

一応プレゼン内で流した動画の撮影では、ちゃんと一段消せたから、やってやるぞ!と思っていたのだけど、本番デモでは消せなかった…。
一段消すと35億点という設定になっているので、touch&tryの時間にみんなが交代でやっていくと、そこが盛り上がる。周りで見ている人も一緒に盛り上がる。そして何よりも、デモで何回もやってる私より、みんなのほうが上手いのが謎だ。特に松川さんは、何か悟っているかのように上手かった。悔しい!

でも、お酒を飲みながらkENPARISやっちゃうと、酔いまわってしまうと思うんだー笑

ということで結果…

大阪ハッカソンの最優秀賞をいただきました!2ndにコマを進めることができます!ありがとうございます!

今回は大阪遠征ということもあって、楽しんで終われれば十分!と思っていましたが、この作品で2ndに行ける事になって非常に嬉しいです。大阪のハッカソンは、すごく賑やかで個人賞もたくさーーーんあってアットホームな空気でした。テーマがテーマだけに、本当に楽しんで作って遊んでいるのが良かったです。福井からは車でも電車でも行きやすいので、また大阪のハッカソン出れたらいいなぁーと感じました。
アイデアの出し方って、その時その時で違ったりするので毎回ドキドキしながら参加。デザイナーなので、使ったらいいAPIや技術がちゃんと解っていない面があってますます不安だったりするのですが、技術がなくても知識がなくても、アイデアのヒラメキって大事だなーと思ったハッカソンでした。ついつい、ハッカソンだからーって考えがちではあるものの、ハッカソンという短時間での勝負だから、逆に単純で面白いものが出来る可能性も秘めていたり。常に、頭は柔らかくでいたい。

毎回ハッカソンは、楽しんだもん勝ち!って思いますが、今回は「自分たちが楽しんで、他の人を楽しませた」もん勝ちなテーマ「遊びのReハック」だったかなー。

そして、2日間ファシリテート&自分の作品も作った田中さん、お疲れ様でした!大阪、楽しかったです!今度大阪のハッカソンに参加出来るときは、私も個人賞をだしたい!

作品名: KENPARIS(ケンパリス)
Hacklog: http://hacklog.jp/works/51001
デモ動画: YouTube