この記事は、MAヒーローズ・リーグ Advent Calendar 2019の24日目の記事になります。

今年も、HL2019のデザイン全般をやらせていただきました。
昨年は昨年で、まだヒーローズ・リーグという名称が定着していなかったのと、長年MashupAwardsで馴染んでたので、ヒーローズ・リーグのイメージがつかめない事で悩んだりしました。

アイデアの時間。

さて、今年ですが。

  • 完全にヒーローズ・リーグに切り替わって、さらにリーグが増えました。
  • いろんなヒーローが増える。
  • コンセプト自体は変わらず「Make Wow! Feel Wow!」
  • 「Wow」はそのまま使いたい。

コンセプトが同じなのに、違うものを作るということで今年は悩みました。
毎回アイデア段階でMA担当側から出てくるのは、ヒーローのシルエットはどうかな?というアイデア。
しかしながら、私としてはそれは大変つまらない。
もちろん作り手としても、毎年イベントを楽しみにしてきた参加者としても。
なので、ちょっと今年はアイデアがまとまるまで時間はかかったのですが、
やってみたいなーと思っていた「プラモ」をアイデアの基本にしました。

いろいろなヒーロがうまれる。ということで、いろいろな属性や道具があって、好きに組み合わせもできる。
じゃ、あなたは何の属性のヒーローになるの?というのが、基本のアイデア・コンセプトとなってます。

じゃ、カタチにしようか。

まずはメインのデザインをコツコツ制作しました。
一個一個パーツを描くのに一番時間がかかったのですが、
なにより、使う場所によって比率の違うパターンが必要だなと思い、数パターン用意しました。

途中段階…
Webでメインで使用したパターン。
とりあえず量産したもの。

Tシャツをつくろう。

Tシャツのカラーは、昨年ヒーローが赤だったので今年は青にしました。
マントが赤なんですよね。なので青のほうがスーパーマンカラーでしっくりきそうだなという感じ。

Tシャツを入稿するにあたり、あまりに細かいデザインだったので、業者さんが軽く怒ってる空気を感じつつやりとりしていました。
ほんと、ゴメンナサイって感じでしたm(_ _)m

ステッカーをつくろう。

今回のプラモデザインは、本当ならば全部切り離せて組み合わせができる!というのが理想でした。
が、細かくしてしまうと、料金が激高になってしまうことと時間もなかったため、なんとか頭をひねった結果、ちょっとネタステッカーになりました。

自分のパソコンにペタペタ貼ってくれていた方はもちろんいたのですが、自分のTシャツに貼ってくれていた方もいてビックリ嬉しかったです。

相変わらず手作業でした。

今年もWow! パネルを使うということで、追加の作業をしました。
昨年つくった手作りのいくつかは、裏面も先の方もボロボロな感じだったので、今回は裏面にテープを張り合わせて強化しました。

あとは、MAリーグ決勝進出のボードと、ヒーローの賞金10万円ボードも作りましたが、どれもパネル貼りとカットは昨年同様に手作業でした。

決定後のギリギリ制作。

皆さんにFESTAで手渡された賞状。
前日のMAリーグでヒーロー決定後に追加して作成していました。
とてもスピーディーだな!と自分でも思います。

ショック!自分が写真を撮るのを忘れました。

ヒーローズ・リーグ授賞式では、皆さん写真はたくさん撮れましたか?
ヒーローズ・リーグのフォトブースの背景も制作しました。FESTAで忙しくて、自分が前に立って撮るというのを忘れてしまい残念です。。。

横から隠し撮り(隠れてない

結構、WOWが定着したのでは。

昨年コンセプトからイメージを作成したのですが、今年もWOWは継続ということで、このWow! は結構定着したのかなと思ってます。
各地で、これを持って撮影していたり、授賞式で持って撮影していたり、会場に貼られていたりするのを見て、デザイナーとしてはブランディング的には結果がでてる気がしてます。

なにはともあれ、今年もお疲れ様。

今年は、HLとFESTAを同時にデザインしていた時期もあったりして、結構自分でも無理をしていたなと感じてはいます。
ちなみに、同時期にWordCampTokyoやOsakaのほうのわぷーやロゴやメインビジュアルも制作してました。

中途半端が嫌い。できないっていいたくない。という性格なので、あれもこれもなんとかやってやる!って思ってしまいます。
今年はちょっと無理したので来年は楽しく過ごせるようにしたいです。もう若くないのを実感してるとこなので、そっとしておいてください・・・。

「MAらしいデザインだね」と言っていただけたことが一番嬉しい言葉でした。
昨年のデザインが好きといってくれている方もいますが、私も昨年のほうが勢いあったかな〜と思ってます。そこは反省点。
同じコンセプトでの、違うデザインを考えることは難しかったです。

なにはともあれ、受賞された方はおめでとうございました!
(やっと追加の作業できた・・・!)
https://hl2019.we-are-ma.jp/award/


今年は、田中さん(ヒゲダルマ)とのデザイン二人三脚でしたが、いかがでしたでしょうか?
来年は、どんなデザインになるのかな〜。楽しみにしてます。